Kansai Women's College

top
関西女子短期大学の研究成果を、無償で提供しています
 

関西女子短期大学リポジトリ運用指針


(目的)

1.この指針は、関西福祉科学大学及び関西女子短期大学(以下「本学」という。)における機関リポジトリ(以下「リポジトリ」という。)の運用に関し必要な事項を定めることを目的とする。

 

(定義)

2.この指針においてリポジトリとは、本学において作成された教育・研究成果を電子的に収集、蓄積、保存(以下「登録」という。)し、学内外に無償で発信・提供することにより、本学の学術研究の発展に資するとともに、社会に貢献するためのシステムをいう。

 

(管理・運用)

3.リポジトリの管理・運用は図書館が行う。

 

(登録範囲)

4.リポジトリに登録する範囲は、本学において作成された次の各号に掲げる教育・研究成果とする。

 (1)学術論文(学術雑誌掲載論文、プレプリント、学会発表資料等)

 (2)学位論文(博士論文、修士論文)・卒業論文(優秀論文等)

 (3)学内に基盤を持つ学会等が作成した紀要・機関誌、研究記録等

 (4)教育資料(講義資料、講演記録、プレゼンテーション資料等)

 (5)その他、図書館運営委員会が適当と認めたもの

 

(登録者)

5.リポジトリに教育・研究成果を登録できる者(以下「登録者」という。)は、次の各号に掲げる者とする。

 (1)当該教育・研究成果の作成に関与した本学の在籍者(過去に在籍した者を含む。)

 (2)その他、図書館運営委員会が適当と認めた者

 

(登録手続き)

6.リポジトリに教育・研究成果を登録することを希望する者は、次に掲げるリポジトリの登録条件を承諾したうえでリポジトリ公開承諾書及び教育・研究成果を図書館に提出するものとする。登録者以外の著作権者がある教育・研究成果を登録するときは、登録者はあらかじめ著作権者の許諾を得ておかなければならない。なお、この承諾により著作権が移転するものではない。

 (1)当該教育・研究成果を複製し、リポジトリを構築するサーバに保存する。

 (2)ネットワークを通じて不特定多数に無償で公開する。

  (3)保全(バックアップ)及び利用のため、必要に応じて教育・研究成果の電子的複製・媒体変

換を行う。

 

(登録・公開)

7.リポジトリに登録する教育・研究成果については、出版者の著作権、その他登録・公開に係る支障のないことを調査したうえで登録・公開する。

 

(削除・非公開化)

8.リポジトリに既に登録された教育・研究成果が次の各号のいずれかに該当する場合は、図書館運営委員会の議を経て、登録された教育・研究成果の一部又は全部を削除又は非公開化する。

 (1)登録者から削除の申請があった場合

 (2)図書館運営委員会において公開を不適切であると判断した場合

 

 

(利用条件)

9.リポジトリに登録された教育・研究成果を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、著作権法に規定されている私的使用、引用等の範囲を超えて利用しようとする場合、著作権者の許諾を得なければならない。

 

(免責事項)

10.本学は、リポジトリに登録された教育・研究成果を利用することによって発生した利用者のいかなる損害についても、一切責任を負わないものとする。

 

(その他)

11.この運用指針に定めるもののほか、リポジトリの運用に関し必要な事項は、関係者間で協議して定める。

 

(指針の改廃)

12.この指針の改廃は、図書館運営委員会の議を経て大学評議会で決定する。

 

附 則

この指針は、平成2541日から施行する。